自我デジタルの旗艦店では、興奮謝は、iPhoneとiPadはそれをすべて持っているが

自我デジタルの旗艦店では、興奮謝は、iPhoneiPadはそれをすべて持っているが、彼女は、映画鑑賞の非常に好きだったことを記者団に語ったスタッフにIpadminiの製品情報をコンサルティングされていますが、映画を見るために、そして、iPhoneの画面が小さすぎる、表面3.7インチのスクリーンの映画館に対して常に私のバッグの中のスペースの大半を占める」、不快に感じるが、彼女はiPadの画面の要件を満たしていますが、上の持ち運びに非常に簡単、そして少し重い、私を運ぶために不便ミス謝は、両方が簡単に画面サイズを移動することができ、キッチン、ベッドルーム、カフェやバスの中で、あなたがipadminiで、今も......、いつでもどこでも見ることができるかどうか、彼女は常に製品を望んでいた、と言う」キャリー読み方に見える方法について考えた後、適度な。 ほとんどの携帯電話の話として、新製品が多くの驚きではないが、それでも狂乱の果実粉末の心を停止することはできませんが、また、アップルのスタッフとのインタビューは、記者、iPhone5の市場に語りました。 シャネルiPhone7ケース今すぐに他のバージョンに関して国立銀行国立銀行に上場され、それは良いアフターサービスの利点を持つことです。自我とほとんどの消費者は、ここでは、アップル製品のフルレンジに加えて、Apple製品を購入することを選択しますが、消費者が安心して、安心を買うようにも自我は、品質保証とポスト市場監視の有効を提供しているため。 ルイ・ヴィトンiphone7ケース記者は、iPhone5のかipadmini、デジタル自我の強い販売の範囲の開始日は、主要なハイライトの主要都市になるためにバインドされていることを信じています。内側の自我デジタルモールiPhone4のとiPhone4Sの価格は、国民が驚きを精練自我に週末を利用したいと思うかもしれ購入するのに十分興味を持って、市場に起因する新製品に、実質的に低下してしまうときこと!アップル製品を理解され、常に正確に知られている公開を予測することでしたKGIセキュリティーズ(KGI証券)のよく知られたアナリストクオ明プール(ミン・チークオ)は最近、Appleの部品サプライヤーは、今年後半の第3四半期に次世代のiPadiPadミニの部品の出荷を開始する予定されていることを言って、これらの新しい生産もその後に動作します。 グッチiPhone7ケース iPadは第四四半期または来年に表示されますミニの低コストのバージョンを起動します よく知られているアップルのニュースサイトAppleInsiderが学習した、部品や機械の生産作業2のiPadの5とiPadミニの出荷台数は、後で第三四半期に利用できるようになり始めました。これは、新しいiPadの製品に関するニュースが開催された9月10日に、Appleの次期会議で発表されないことを意味します。 ケイトスペード iPhone7ケース メッセージからの複数のソースから近づく次世代iPadの外観デザインが再設計されることを指摘し、既存のiPadミニ形状、この変更は、iPadは今年第4四半期に延期量産時間を作ること。クオ明プールが思うに、iPadの5は、中国移動(マイクロブログ)を使用TDD-LTEセルラープロトコルをサポートします。 シャネルiphone7ケース また、クオ明プールはまた、第二世代のiPadミニRetinaディスプレイや次世代A7プロセッサが装備され、プロセッサはまた、計算さ5本体に表示されます期待しています。この最新のアプリケーション・プロセッサは、より良いサポートのiPadミニスクリーンHD解像度に主であることが報告されています。 シャネルiphone7ケースしかし、我々は、製品が、オンチップのバッテリ寿命システム(SOC、システム・オン・チップ)のアプリケーションを拡張するより助長されるかどうかは明らかではありません。 一部のアナリストは、AppleiPadミニは、調整2リリースタイムのもう一つの理由は、さらに高解像度の小型タブレットの現在利用可能な無限ストリームと競合することであると信じています。 シャネルiphone7ケース以前は、アップルが2014年にこの製品の時間を解放することが期待されます。 クオ明プールは、Appleはまた、製品には、このような既存のA6プロセッサと非網膜タッチスクリーンとして安価な部品を使用しますが、来年には、低コストのiPadミニの製品を起動することが期待されていることを述べました。 シャネルiphone7ケースタブレットPCの網膜と非網膜版バージョン:また、iPadのミニ2は、2つの異なる平らな製品の市場ポジショニングでの販売ながら、Appleは、販売戦略のMacBook Proの生産ラインに従うことを意味し、販売に行くしていきます。 Appleの長期的なファウンドリパートナー鴻海精密は、iPadの5組立作業の大半を負担し続け、および株式会社ペガトロン・テクノロジー(株)、(ペガトロン)、iPadのミニの次の世代に責任を一緒に甲斐盛(Casetek)組立作業となります。 ルイヴィトンiphone7ケースこのうち、第二四半期中に60から65パーセントからiPadのミニとペガトロンOEMシェアは第3四半期に70から75パーセントに増加し、さらに80から85までパーセントのシェアを増加します今年の第4四半期に期待されています。